会社を設立すべきか?株式会社と個人事業主、どっちで起業? of 東京都の会社設立代行【会社設立・起業支援トータルケア東京】

「関東全域対応」東京都の会社設立代行事務所

経営は設立前から始まっている。このサイトには知らないと損をする情報が満載!
自分ひとりで会社設立できる詳細な解説から、日本政策金融公庫、制度融資を利用した創業融資による資金調達まで、戦略的なスタートダッシュを徹底サポート!
目黒駅近く、東京都品川区にある「会社設立・起業支援トータルケア東京」事務所は株式会社、合同会社だけでなくその他(社団・財団・NPO・学校・宗教・農業・医療・社会福祉)法人設立、法務、税務も対応いたします!
また、タイ王国バンコクでの起業・会社設立・不動産物件調査についても経験豊富です。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


東京・千代田区の会社設立代行【会社設立・起業支援トータルケア東京】東京・千代田区の会社設立代行【会社設立・起業支援トータルケア東京】

会社設立代行東京HOME > 会社を設立すべきか?株式会社と個人事業主、どっちで起業?

個人事業主と会社の比較

 昔々、仕事といえば自営業(個人事業主)がほとんどでした。
 時代は進み、時は大航海時代。巨額の資金を必要とする事業を行ないたいが、リスクもある。少数の資産家は出資を渋ります。そこで考えられたのが株式会社。世界で一番初めの株式会社といわれるのが、当時の東インド会社ですね。
 株式会社は市民から出資を募りました。市民は一人ひとりはお金をあまり持っていません。しかし小額のお金でも数が集まれば巨額の資金になります。併せて事業が失敗した場合の市民一人ひとりのリスクも同じように低い。
 そのように株式会社は市中からお金を集め、組織を巨大化していくことができました。個人事業主では権力者でない限り、そんなことはできません。
 以上のエピソードを頭の片隅に置きつつ、下の表をご覧になると分かりやすいと思います。


個人事業主 会社
事業開始の簡便さ 登記手続き不要

定款、出資、組織編成

登記を要する

経営の自由度 高い 組織や株主に拘束される可能性
経営中の手続の煩雑さ 低い 高い
社会的信用度 低い 高い
資金調達方法の豊富さ 少ない 多い
組織の拡大 不向き 向いている
退職金・年金・保険 充実していない 充実している
経費の認められる範囲 狭い 広い
税制上の優遇

低い

(売上の低いときを除く)

高い

(売上の低いときを除く)

法人税・住民税

なし

(利益に応じて住民税は高くなる)

赤字でも法人の住民税

(均等割り)はかかる

事業承継の簡便さ 低い 高い
事業承継時の相続税 あり なし
倒産時の借金の承継 負う

負わない

(代表者が

保証しているときを除く)

事業年度の設定 融通が利かない 融通が利く
業種例

医者・士業・クリーニング店

個人飲食店など

自由業・自営業者

中小企業から

大企業まで様々

行政書士明るい総合法務事務所/公認会計士・税理士高橋真則事務所

 「会社設立・起業支援トータルケア東京」
 行政書士 明るい総合法務事務所
 税理士法人M.T.総研
 公認会計士高橋眞則事務所
(経済産業大臣・内閣府特命担当大臣認定 経営革新等支援機関)
 その他、提携社労士、司法書士など

 〒141-0021
 東京都品川区上大崎 3-9-20
 エクセルシオール目黒203
 TEL:03-6455-6835
 FAX:03-6455-6836
 Mobile:070-5572-6124
 Email:info@akarui-home.com
 営業時間9時~18時 土日祝日休み
 営業日外・営業時間外のお電話は
 携帯電話までどうぞ
 メールでのご相談は24時間受付

投資経営ビザ・永住許可申請・日本国籍取得・その他全てのビザ取得申請【VISA Total Care Tokyo・ビザトータルケア東京】
Pマーク・個人情報保護体制構築【プライバシーマーク取得トータルケア東京】
学生キャリア通信・S-Lab.
全国800校以上の大学に配布されている新聞「学生キャリア通信」のWebサイト版「S-Lab.」にてコラム執筆中です。